レートでバシャーモを使っていて、ふとダルマの火力が恋しくなりました。
その気になれば全抜きも夢じゃないゴリラパワーを持つアタッカーの育成論です。

ヒヒダルマについて
darmanitan
A140という一歩秀でた種族値に加え、特性ちからづくにより更に火力をアップ。
メインウエポンのフレアドライブにちからづく補正がかかり、実質的な威力は120→156へ。
陽気252振りでも攻撃特化メガバシャーモのフレアドライブを上回るその火力は圧巻もの。
素早さも95族と悪くなく、メガ前ガルーラやスカーフ以外のランドロス、準速100族を抜くことができるのが美味しい。
反面、耐久と特殊攻撃が極端に低い。典型的な高速物理アタッカーと言える。
育成論
ヒヒダルマ 陽気 ちからづく @命の珠
実数値:181-192-76-×-78-158
努力値:H4 A252 B4 D20 S228
確定技:フレアドライブ 岩雪崩 
選択技: 地震(推奨) アンコール(やや推奨) 馬鹿力 とんぼがえり 腹太鼓 身代わり


A:全振り メガリザ―ドンXへの乱数を落としたくないので全振り推奨
HD:化身ボルトロスの珠10万ボルトを確定耐え
S:最速ランドロス抜き

B:余り
D>Bでダウンロード対策


耐久目安
防御
A特化ファイアローのプレートブレイブバードが低乱1(86.1%~101.6%)

特防
臆病化身ボルトロスの珠10万ボルトが確2(82.3%~97.7%)
臆病サザンドラの眼鏡あくのはどうが最低乱数以外2耐え(84.5%~100%)
4振りスイクンの熱湯が確2(72.9%~86.1%)

見ての通り耐久はお察し。
先発で対面しやすいボルトロスの攻撃を確定で耐え、Sは環境に一定数いる最速ランドロス抜き調整
ミラーや最速グライオンを意識するなら全振り推奨。

火力目安
フレアドライブでH4メガガルーラを確1(101.1%~119.3%)
フレアドライブでH252トゲキッスを最低乱数以外1発(99.4%~117.7%)
フレアドライブでH244B220(いじっぱりメガボーマンダの捨て身耐え調整)ニンフィアを高乱1(97%~114.4%)
フレアドライブでH212ローブシンを中乱1(92.2%~109.1%)
フレアドライブでH252水ロトムを確2(54.7%~64.3%)
フレアドライブでH252マリルリを確2(52.6%~62.3%)
フレアドライブで無振りガブリアスを確2(51.9%~61.7%)
フレアドライブで特化クレセリアを確2(51.5%~60.7%)
フレアドライブで特化輝石ポリゴン2を超高乱2(49.4%~58.8%)←最低乱数2回引かなければ倒せる
フレアドライブで防御特化ランドロスを威嚇込み超高乱2(48.4%~57.6%)

岩雪崩でH252ボルトロスを確1(110.8%~130.8%)
岩雪崩で振りメガリザードンXを高乱1(93.4%~110.4%)
岩雪崩でH252ヒートロトムを中乱1(92.9%~110.8%)
岩雪崩でH252カイリューを高乱1(96.9%~114.4%)/
岩雪崩でH252シャンデラを確1(101.1%~119.7%)
岩雪崩でHBギャラドスを威嚇込み超低乱2(43.7%~51.7%)

地震でH228B4ヒードランを確1(153.3%~183.4%)
地震で無振りランターンを確1(121%~143%)

馬鹿力で無振りメガバンギラスを確1(151.4%~181.1%)
馬鹿力でH252サザンドラを確1(122.7%~146.1%)
馬鹿力でH228B4ヒードランを中乱1(91.7%~109.3%)

見ての通りほとんどのポケモンは珠フレアドライブが2発受かりません。
多くの物理アタッカーを止められるクレセリアを確定2発に持ちこめ、ガブリアスすら半分以上削ります。

参考ライン

Aライン
補正なしA196振りの珠フレアドライブでHBクレセリアを最低乱数2回引き以外確2(49.7%~59%)
補正なしA196の珠馬鹿力でH4メガガルーラを確1(100.5%~119.3%)
補正なしA228振りの珠フレアドライブでH4メガガルーラを確1(100%~118.2%)

Bライン
B4振りでメガクチートのふいうち+珠ダメ確定耐え(75.5%~89.4% + 18) 
H4B20振りでファイアローのプレートブレイブバードを確2(84.5%~99.4%)
H4B92振りで無振りギャラドスのたきのぼりを確2(83.9%~99.4%)
H4B132振りで補正なしメガガルーラの猫だまし+ふいうちを確定耐え(35.3%~42.5% + 39.1%~47.4%)
H4B164振りでファイアローの鉢巻ブレイブバードを最高乱数以外耐える(85%~101.1%)

Dライン
D12振りでポリゴン2の+1トライアタックが確2(83.8%~98.8%)
H4D20振りでC252化身ボルトロスの珠10万ボルトが確2(82.3%~97.7%)
H4D28振りでC252サザンドラの眼鏡あくのはどうが確2(84.5%~99.4%)
D36振りでC252ゲンガーの珠ヘドロ爆弾を確2(84.4%~99.4%)
D68振りでC252ライコウの眼鏡10万ボルトが確2(83.8%~98.8%)
H4D124振りでC252ジャローダのリーフストームが確3(28.1%~33.1% + 56.3%~66.2%)

基本的に受け出しを考えないので耐久に振る意味は薄いですが、
先発で対面したポケモンの攻撃を確定で1発耐えるくらいに調整しておいて損はないでしょう。

確定技
フレアドライブ
ちからづく補正×タイプ一致で威力234という超火力のメインウエポン。
指数はなんとA192×威力234×珠補正1,3=58406であり、多くの耐久調整したポケモンを崩すこと
ができる。
clefablekangaskhan-megacresseliasylveon
参考火力:A232メガバシャーモのフレアドライブ:41760
        A216メガボーマンダの捨て身タックル:50544
        A194メガガルーラの親子愛捨て身タックル:52380
岩雪崩
charizard-megaxrotom-heat   drifblim
ちからづく補正がかかり、威力は97とストーンエッジ並の火力になる。
フレアドライブを半減するリザードンやファイアロー、ヒートロトム等に刺さる。
2倍抜群でもフレドラの方が威力が高いが、フワライドなど反動ダメを受けたくない相手の代替ウェポンになる。
ストーンエッジの方が威力は3高いが、命中の安定性と珠ダメージが入らないことを考えれば岩雪崩がべスト。

選択技
じしん
ちからづく補正はかからないが、フレドラを半減するポケモンに刺さる命中安定のウエポン。
ランターンやヒードラン、岩タイプを突破するために必要。
lanturnheatran 
ジバコイルやドリュウズ等、フレドラの反動ダメージを受けたくない時の代替技にもなる。
ただし、地震ではバンギラスやドサイドン、ギルガルドは突破できないので注意。
選択技に含めていますが、よっぽどの事が無い限りは必須技かと思われる。

ばかぢから
力づく補正はかからないが、抜群であれば等倍のフレドラより威力が高い。
反動もないので使い勝手は悪くないが、使用後のAダウンが少々痛いのが難点。
バンギラスやサザンドラを意識したい場合に必要。
hydreigontyranitar-mega
環境に一定数いるHBゴツメサザンドラも、交代際のフレドラ+馬鹿力(35.1%~41.7% + 73.3%~86.4%)で突破できる。
臆病最速でも眼鏡悪の波動くらいなら一発耐えて馬鹿力でゴリ押すことができるが、怯みや流星群を考慮すれば安定はしないか。

とんぼがえり
交代しつつ相手にそこそこのダメージを与えられる優秀な技。
ヒヒダルマを安定して受けられるヤドランに抜群に入り、控えのボルチェン要員と組ませてサイクル有利を取ることができる。
slowbro-mega
メインウエポンを半減するラティオスやサザンドラへの有効打になるので、素早さを上げるスカーフ型におススメ。
latios
身代わり
有利対面で張っておければ便利だが、フレアドライブで交代先に負担をかけた方が良いことが多い。
レートで実際に使用してみて有用だと感じた点は以下の通りです。

襷ナットレイの電磁波をかわし、起点を作らせない。
ferrothorn
・襷メタルバースト、カウンター対策
sableye
・あくび避け            ・ふいうち避け(重要)
swamperthippowdon   mawile-mega bisharp
・とんぼがえり読み
landorus-therian 
主にランドロス入りとのサイクル戦になった際に、ヒヒダルマ交代読みのとんぼがえりに対して。
うまくいけば身代わりを残しつつサイクル不利をストップできる。

色々ありますが、やはり不意打ち避けが一番だと感じます。
ポリクチorクレセ構築において、消耗したヒヒダルマに対するクチートのふいうちで突破されなくなります。
H4振りすることでクレセリアへの反動+ゴツメダメージ後に身代わりをギリギリ一回張ることができます。
181-75(反動)-60(ゴツメ×2)=残りHP46

アンコール
相手の技を縛れる便利な技であり、アタッカーのヒヒダルマに対して警戒されることが殆どない。
立ち回り次第では、本来振りな相手にも対処できる可能性をもつ。
jellicent 
例:ブルンゲルの鬼火読みで受け出し、アンコールで縛って倒す。
ブルンゲルはヒヒダルマなど物理を受けるために選出されているので、引いてきた控えの相手はヒヒダルマに薄い可能性が高い。
gliscorglalie
守るや身代わりのループを止めることができ、安全に立ち回れる。
mawile-megakangaskhan-mega
ふいうちに対して打つことで、後続の起点にするか、PPを枯らして返り討ちにする。
garchompsalamence
もしものための起点防止。どうしようもない時に、相手が積んでくる読みで打つこともできる。

はらだいこ
スイクンやギャラドス等、物理受けを強引に突破できる。HPの消耗が激しく、使いどころを見極める必要がある。
上から攻撃できれば受けられるのはほぼ不可能なので、PT全体の素早さが遅い受けループに強いかもしれない。
slowbro-megachansey 
参考火力:フレアドライブ+6で特化メガヤドランを超低乱1(85.1%~100.4%) ステロ込みで超高乱1
       地震+6で特化スイクンを超高乱1(99%~116.9%)
       岩雪崩+6でHBクレセリアを高乱1(93.8%~111%)

その他:あくび、がむしゃら等
今後使用してみて考察してみます。

バシャーモ他、物理アタッカーとの差別化
blaziken-megaentei
火力


終わりに
今回はレートでも愛用しているヒヒダルマの考察をしてみました。
力こそパワー!なトレーナーに是非おススメです。
この育成論に関して意見・感想などあればよろしくお願いします。