S11,12でゴツメ水ロトムを使用し、「シビルドンにしたらどうだろう?」と思い育成してみた。

結論から言うと、対ガルーラ性能においてはゴツメ水ロトムより抜群に優れていました。
非メジャーポケモン故なのか、仮想敵自らが受け出しに来てくれて、楽に役割を崩壊させられる場面もありました。
シビルドンについて
①H85 BD80とそこそこの耐久を持ち、特性浮遊によって実質的に弱点の無い唯一のポケモン。
②A115、C105という両刀向きの数値に加え、炎草格闘岩と抱負な技を覚える。

①に関しては水ロトムとほぼ同じだが、②の部分で色々差別化できそうだと思った。
そしてできた型がこちら。
育成案
シビルドン のんき 浮遊 @ゴツゴツメット
実数値:191-135-145-125-102-54
努力値:244-0-252-0-12-0
確定技:ボルトチェンジ ドレインパンチ プラズマシャワー
選択技: めざ氷 ギガドレイン 火炎放射 ほうでん 岩石封じ とんぼがえり くさむすびetc

H:16n-1
B:ぶっぱ
D:余り
・物理受けなので特に調整はなくHBぶっぱ
・両刀のためSを下降補正に。今回はギルガルドに後攻ボルチェンを決めれるようS個体値を下げた。
・技は仮想敵に応じて色々変更してみても良いかも。この型では電気受けのガブリアスに対して腐らないめざ氷を採用。 
・プラズマシャワーはガルーラを見るために必須 これがあるのと無いのとでは雲泥の差だった。

耐久目安
陽気メガガルーラの猫だまし/捨て身タックル高乱耐え
(14.6%~17.8% + 6.8%~8.3% / 43.9%~51.8% + 21.9%~25.6%)=(87.2%~103.5%)
特化メガガルーラの捨て身タックル確定耐え(47.6%~56.5% + 23.5%~28.2%)

陽気ガブリアスの逆鱗高乱2耐え(44.5%~53.4%)

特化ファイアローの珠ブレバ+フレドラ確定耐え(23%~27.7% + 47.1%~56%)
特化カイリューの鉢巻逆鱗ステロ込み超高乱耐え(85.7%~100.5%) 
特化メガバンギラスの1舞ストーンエッジを砂ダメ×2込み確定耐え(72.2%~85.3%)
陽気メガギャラドスの1舞地震超高乱耐え(84.8%~100.5%)
特化ドリュウズの地震超高乱耐え(84.8%~100.5%) 
A252メガマンダの捨て身タックル+C0流星群確定耐え (31.4%~37.1% + 53.4%~62.8%)

火力目安
ボルトチェンジ
H252ギャラドス(83.1%~100.9%)
H252ファイアロー(61.6%~72.4%)
H252マリルリ(49.2%~57.9%)
H252スイクン(35.7%~43.4%) 
H4メガガルーラ(23.3%~28.3%)

ドレインパンチ
B4マニューラ(124.1%~146.2%)
H4キリキザン(93.6%~110.6%)
H4メガバンギラス(52.2%~63.6%)
B4ドリュウズ(51.8%~61.6%)
H4マンムー(42.1%~49.7%)
H4メガガルーラ(36.6%~43.3%)  

めざ氷
H4ランドロス(70.3%~84.8%)
H4メガボーマンダ(63.1%~74.8%)
D4ガブリアス(61.2%~72.1%)

ギガドレイン
H252ラグラージ(63.7%~75.3%)
D4マンムー(48.6%~57.2%)
H252水ロトム(35.6%~43.3%) 
H252カバルドン(36.2%~42.7%) 

火炎放射
H252ハッサム(97.1%~115.2%)
H252ナットレイ(70.7%~83.9%)
H252メガクチート(48.4%~57.3%)
無振りジバコイル(53.7%~64.8%) 

☆対ガルーラ時の立ち回り
先発で対面したら迷わずドレインパンチをぶち込みましょう。よっぽど慎重なガルーラ出ない限り居座ってきます。
kangaskhan-mega

 基本的に勝てたガルーラの型

①陽気AS  猫だまし+捨て身タックル
陽気なら猫+捨て身をかなりの乱数で耐えるので、ゴツメ+反動ダメ+ドレインパンチで十分倒せます。

②意地HA 
グロパン+おんがえし or 捨て身タックル
相手が203ガルーラだったとすれば、グロパン時にゴツメダメ66 203-66=残り137
返しのドレインパンチでB120のガルーラに66~78ダメージ 137-66=残り71~59 
更にHPを33~39回復し、こちらはグロパンで減ったHPをほぼ全回復。

次に相手が恩返しなら、1発目を超高乱数で耐えるので、ゴツメダメを2発(66ダメ)与えられる。
ドレインパンチで71ダメージ以上与えていれば倒せる計算。
捨て身タックルなら反動で倒れるので問題ない。

③特殊型 冷凍ビームなど
こちらに弱点が無いので、凍ったり火傷になったりしなければ余裕を持ってドレパンで応戦できる。
特化大文字でも最高90ダメージ 他の物理受けと違って無弱点の強みが一番出てるかもしれない。
 
④身代わり
ボーナス技。 クレセリアのサイキネやスイクンの熱湯を耐えても、ドレパンには壊される。

⑤捨て身ゴリ押し 捨て身×2
2回目の捨て身で一発目を耐えないので、ゴツメダメは良くて3回。
しかし反動+ドレパン+ゴツメダメ×3で十分撃退できる。

 厳しい(良くて相打ちか、返り討ちにされた)ガルーラの型

⑥A特化   猫+捨て身
猫すてみを耐えれないので、ゴツメダメージ4回と反動で倒れない調整のガルーラには勝てない。
ただ相手も致命傷なので、こちらに処理できるポケモンがいればさして困ることはなかった。

⑦恩返しゴリ押し 恩返し×2
反動がないので、ゴツメ×4+ドレパンでも203等調整しているガルーラなら耐えられる。

⑧ひみつガルーラ 秘密の力×3
環境に一定数いる厄介なガルーラ。 ゴツメ無効化というのは厄介でしかなく、ドレパンの打ち合いで負けてしまう。
ただこの型自体は火力に乏しいので、体感ではグロパンから入られることが多かった。
その場合は次の2段階上昇↑↑秘密の力を耐えれば、ゴツメダメ+ドレパン×2で十分勝機はある。

⑨岩雪崩
怯まないことを願うしかない。

☆プラズマシャワーの可能性

と、このように一見対面で有利に立ち回れるシビルドンだったが、大きな欠点が1つ。
結局ガルーラに相打ちどころか仕事されてるじゃないか! ということ。
ガルーラだけに役割を消費せず、他の仕事もこなせるようにしたい。そこで見つけたのがプラズマシャワーという技でした。
先制攻撃(優先度:+1) 使用したターンに出される全てのノーマルタイプのわざがでんきタイプになる。
最初は何に使うんだと思いましたが、実はこれ対ガルーラに有用だということに気づきました。
威力120の捨て身タックルの場合、ノーマル状態なら120×1,5(タイプ一致)=180
これを電気タイプにすると、120÷2(半減)=60  なんと威力を1/3にできる。
これを利用して、捨て身タックルや恩返しで強引に突破してくるガルーラを返り討ちにしようというもの。
文章だけでは分かり辛いのでBVをどうぞ。
LBBW-WWWW-WW3E-9RWA
先発でガルーラと対面し、グロパンから入られています。こちらはゴツメダメ+グロパンで7割まで削っています。
猫だましの被ダメと相手のHPバーから、陽気ASかなーと推測。
次の捨て身タックルで相打ちになってしまうと、控えのオーダイルが厳しいと思い、プラズマシャワーを使いました。
これにより捨て身を余裕を持って耐え、後続にも仕事ができるようになりました。
その後突破されてるのは完全にプレイングミスですが。

対面ではなく受け出し時にも、プラズマシャワーがあれば秘密の力や岩雪崩以外のガルーラに比較的安定します。
また、ラス1で猫/捨て身/地震/ふいうちのガルーラと対面した時はシャワー連打でOK。

似たような物理受けと比較してみて
rotom-washeelektross
HB水ロトム=27318 HBシビルドン=27695
数値は僅かに水ロトムより高い。これは陽気ガブリアスの逆鱗×2の乱数が若干下がる程度。
前述したように、対ガルーラにおいてはシビルドンが圧倒的でした。
S11,12と水ロトムを使用していて悩まされたガルーラですが、シビルドンを使用したS13ではさほど脅威ではなかったです。 
ただマイナー故か、マンムーやバンギラスが後出ししてきたりと美味しい場面も非常に多かったと思います。
ドレインパンチの回復性能も中々に優秀で、初手のキリキザンやマニューラにはHPを減らさず突破できたりもしました。
blaziken-megahippowdon
反面、一致水技(ハイドロポンプ)を打てないのでバシャーモやカバルドン、ドサイドン、ヒートロトム、エンテイ等いろいろな所に弱くなりました。
また、Sも50族に抜かれているのでメガクチートやマリルリのごり押しにやられる場面もありました。
そして一番の難敵、HDファイアローにPTがなすすべなく壊滅させられたりもしました。この時ほど水技を欲しいと思ったことはないですね笑
maractusdarmanitaneelektrosslandorus-therianaegislashaltaria-mega
S13は最高でも1750とかなり不甲斐ない結果となりましたが、新しい物理受けの可能性を僅かながら見いだせたのは良かったかなーと思います(小声)。

終わりに
本筋からそれましたが、ゴツメ枠の一案としてのシビルドンでした。
この型に関してご意見や指摘があればよろしくお願いします。